宝塚暮らしとやさしい時間

カフェや美術館、お出かけのこと。 おやつと日々のことも。 宝塚の住人です。

タグ:カフェ

大山崎山荘美術館へ行くときの美術展ともう一つの楽しみ。
それは美術展ごとに考案されるオリジナルスイーツ!



毎回リーガロイヤルホテル京都が考案しています。


「清宮質文ー限りなく深い澄んだ空気」にちなんだスイーツは2種類で、一つは“蝶”、そしてもう一つは“夕日と猫”。
悩んで悩んで。
“蝶”に決めました。
作品を一通り観たあとで印象深かった“蝶”。
深い青い世界を浮遊する蝶を想いながらいただきました。


テラス席はまだ寒いかなと思ったけど、意外と大丈夫だったのでいつもの席に。
正面に見える男山を眺めながらブルーベリーのケーキと添えられたソルトバタークッキー。
満足満足。


美術展ともに3/8(日)までです。


大山崎山荘美術館

京都嵐山の福田美術館を訪ねたときに、美術館の中にあるカフェ「カフェとエスプレッソと福田美術館」でランチを。

ここは中庭を眺めながらランチができる最高のロケーションです。


庭の向こうには桂川と渡月橋が。

ちょうど向こうの桂川が借景となって広がりを感じます。

水底の市松模様はモダンなのに重森美玲を思い出しました。
窓際の席はおひとり様でも気兼ねなくランチの時間をたのしめます。



美術館を楽しんだあと、中庭を眺めながらのランチは至福の時間です。

ほんとは京都限定のメニューの“豚バラコンフィと九条ネギのパニーニ”が食べたかったけど早い時間に完売。



こちらは“生ハムとモッツァレラ”

こちらも美味しかったですよ!.


福田美術館で過ごす時間の価値を素敵なカフェは上げてくれますね。

ここにくるのも楽しみになりました。



カフェとエスプレッソと福田美術館

なんかこっぱずかしくなるぐらいかわいいの出てきた。

「みんなのミュシャ」展に入る前、京都文化博物館の中にある前田珈琲でちょっと一息。



「みんなのミュシャ」展にちなんだメニュー“クグロフプレート”。

ミュシャの生誕の地チェコの伝統のお菓子とのこと。



あまりにもかわいいので一気に食べました。



正面の壁には昔旧日本銀行京都支店金庫室だったころの名残が。



ミュシャの作品に会う前に、気分が上がるスペシャルなメニュー。

わたしにはかわいすぎて恥ずかしいけど、かわいくて楽しくなる。

まだまだ女子だな。

でちょっと一息。



「みんなのミュシャ」展にちなんだメニュー“クグロフプレート”。

ミュシャの生誕の地チェコの伝統のお菓子とのこと。



あまりにもかわいいので一気に食べました。



正面の壁には昔旧日本銀行京都支店金庫室だったころの名残が。



ミュシャの作品に会う前に、気分が上がるスペシャルなメニュー。

わたしにはかわいすぎて恥ずかしいけど、かわいくて楽しくなる。

まだまだ女子だな。


IMG_6168

京都国立博物館の中にある前田珈琲は、便利なのでやっぱりくる頻度は高い。

IMG_4349

この日はクロワッサンサンド。
博物館の中に入ると長時間入り浸るので、いつもエネルギーチャージする。
展示のエネルギーがすごすぎてこちらもそれなりの準備が必要なのです。
カップにたくさん入ってるカフェオレも好き。

IMG_4348


ぽってり厚みのあるカップに描かれているイラストも、前田珈琲さんのお客様に対する気持ちが現れているようで好きです。

創業は1971年なのだとか。
大きなガラス張りの窓から見える明治古都館も素敵。


IMG_4350


明治30年に開館された旧帝国京都博物館本館(重要文化財)

設計者は宮内省匠寮技師 片山東熊(かたやまとうくま)

IMG_4347


通常は非公開のようですが特別公開の時はぜひ行ってみたいです。

赤煉瓦がノスタルジックでタイムスリップしたみたい。





先日行ってきた西宮市大谷記念美術館2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
ちょうどお昼だったので美術館のそばにあるカフェでランチを。

去年にオープンしたカフェ「ぎんのちゃや」


image




今まで大谷記念美術館のそばにはランチする場所がなくて不便だったけど、ホッと一息つけてランチできる場所ができてよかった!

中に入るとテーブル席に案内されたけど、程なく2人組のお客さまが入ってきたので席を譲ってカウンター席に移りました。
お一人さまなので身軽なわたし。
でも、カウンター席でカフェの方といい雰囲気でお話しできてかえってよかったかな。

この日が初めての訪問。
メニューを隅々までチェックしてしまうわたし。


image



ランチはローストビーフサンドとアイスコーヒーに。
トーストしたパンが結構な厚さでボリューミー!
けっこうしっかりめな量でした。

お腹が満たされたのでこのあと西宮市大谷記念美術館へ。

これからしっかり楽しむためのエネルギー補給は完了しましたよ!








 

先日、久しぶりに大阪の北浜をぶらぶら。
「フィンランド陶芸展」に来たときに、前から行ってみたかったカフェ「コホロ」へ。

レトロな建築と新しい建築が混在する北浜は、歩いてても楽しい場所です。
そういえば今年の「生きた建築ミュージアム フェスティバル(通称イケフェス)」は、10月26日(土)と27日(日)だそう。
大阪の建築が一斉に無料公開される建築イベントです。





そんな街にある「コホロ」もまたレトロなビルの中にあります。
店内のカフェスペースの奥では、素敵な作家さんのうつわが並んでいてギャラリーのような空間。
一点一点が素敵で、うつわを眺める時間も至福の時間。

頼んだランチの「たまごサンドができあがりましたよ!」って、スタッフさんが呼びに来てくれてハッと我にかえる始末。
作家さんがつくったうつわたちが発するまぁるい空気は、ときどき私をどこかへ連れていくようです笑。

IMG_9287




↑このページのトップヘ