宝塚暮らしとやさしい時間

カフェや美術館、お出かけのこと。 おやつと日々のことも。 宝塚の住人です。

タグ:京都

大山崎山荘美術館へ行くときの美術展ともう一つの楽しみ。
それは美術展ごとに考案されるオリジナルスイーツ!



毎回リーガロイヤルホテル京都が考案しています。


「清宮質文ー限りなく深い澄んだ空気」にちなんだスイーツは2種類で、一つは“蝶”、そしてもう一つは“夕日と猫”。
悩んで悩んで。
“蝶”に決めました。
作品を一通り観たあとで印象深かった“蝶”。
深い青い世界を浮遊する蝶を想いながらいただきました。


テラス席はまだ寒いかなと思ったけど、意外と大丈夫だったのでいつもの席に。
正面に見える男山を眺めながらブルーベリーのケーキと添えられたソルトバタークッキー。
満足満足。


美術展ともに3/8(日)までです。


大山崎山荘美術館

先日ずっと気になっていた美術展、大山崎山荘美術館「清宮質文〜限りなく深い澄んだ空気」に行ってきました。


清宮質文の美術展は関西でははじめてなのだそう。
見ていると何処か引っかかるような作品で、その景色を描くというよりは空気を描いている。
そんな版画が並んでいて、ずっとその絵の奥の奥まで見つめていました。
ガラス絵は透明な板だからこその美しさで、どれも静謐、そして詩情に満ちて深く透明。


そして作品のよこの白い壁に書かれた、清宮質文自身のことばがとても良くて、並んだ作品の世界観と合わせて読むととてもふにおちました。
詩的な表現の作品が生まれてくる哲学も含めて好きです。


会期は3/8(日)までです。

気になるかたはぜひ。





大山崎山荘美術館

京都嵐山の福田美術館を訪ねたときに、美術館の中にあるカフェ「カフェとエスプレッソと福田美術館」でランチを。

ここは中庭を眺めながらランチができる最高のロケーションです。


庭の向こうには桂川と渡月橋が。

ちょうど向こうの桂川が借景となって広がりを感じます。

水底の市松模様はモダンなのに重森美玲を思い出しました。
窓際の席はおひとり様でも気兼ねなくランチの時間をたのしめます。



美術館を楽しんだあと、中庭を眺めながらのランチは至福の時間です。

ほんとは京都限定のメニューの“豚バラコンフィと九条ネギのパニーニ”が食べたかったけど早い時間に完売。



こちらは“生ハムとモッツァレラ”

こちらも美味しかったですよ!.


福田美術館で過ごす時間の価値を素敵なカフェは上げてくれますね。

ここにくるのも楽しみになりました。



カフェとエスプレッソと福田美術館


少し前になりますが、京都の福田美術館へ行ってきました。

昨年2019年10月にオープンしたばかりの美術館。

新しい美術館はとってもきれいで気持ちいいですね。

嵐山に溶け込む日本家屋をイメージした美術館はとても心落ち着きます。

そしてコレクションは写真撮影可がほとんどでとても見応えもありました。


伊藤若冲、木島櫻谷、呉春、与謝蕪村、竹久夢二など。

そして2階のフロアにはマリー・ローランサン、モネ、ピサロなども。
音声ガイドはiPhoneやAndroidでQRコードを読みこんでイヤホンで聴くことができて画期的!

そうでない場合は音声ガイドは無料貸出(保証金として一時的に1000円払いますが返却のとき返金されます)です。
これから始まる企画展も楽しみ!


嵐山にきたときは立ち寄りたい場所です。




福田美術館


少し前ですが京都文化博物館「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」へ行ってきました。



アルフォンス・ミュシャといえばアール・ヌーボーを代表する芸術家。

没後80年ということでミュシャの作品とミュシャが影響を与えた作品も同時に展示されていました。



ミュシャの一番古い作品は8歳のもの。

キリストが十字架に架けられた絵にはセンスも感じられます。

チェコの文化、古典的な画家ハンス・マカルト、1873年のウィーン万博で入ってきた日本のアートなどにも大きな影響を受けたようです。

パリに来てからは挿絵を描きながら生計を立てていましたが、サラ・ベルナールのポスターの仕事を受けたことがきっかけになりました。


「ジスモンダ」


たまたまクリスマス休暇で描き手がおらず、友人の代わりに印刷所に働きに行ったところ電話がかかって来て、偶然仕事を受けることに。

これがきっかけで6年間サラ・ベルナールのポスターを描くことになりました。

なんという偶然!




劇のイメージに合わせた絵の中のフォントも美しい。

背景の円環、波打つ髪唐草を使ったQ型方式が優雅で、浮世絵の影響もみられて美しい。

没後に影響を与えたポスターやCDジャケット、漫画にもミュシャの影響が。

想像していたよりもはるかに見応えがあって面白かったです。


そして忘れてはいけないのは音声ガイドは千葉雄大さんで、ミュシャの世界に浸りながら千葉くんの優しい声がナビゲートしてくれました。


満足のミュシャ展でした。







京都国立博物館の中にある前田珈琲は、便利なのでやっぱりくる頻度は高い。

IMG_4349

この日はクロワッサンサンド。
博物館の中に入ると長時間入り浸るので、いつもエネルギーチャージする。
展示のエネルギーがすごすぎてこちらもそれなりの準備が必要なのです。
カップにたくさん入ってるカフェオレも好き。

IMG_4348


ぽってり厚みのあるカップに描かれているイラストも、前田珈琲さんのお客様に対する気持ちが現れているようで好きです。

創業は1971年なのだとか。
大きなガラス張りの窓から見える明治古都館も素敵。


IMG_4350


明治30年に開館された旧帝国京都博物館本館(重要文化財)

設計者は宮内省匠寮技師 片山東熊(かたやまとうくま)

IMG_4347


通常は非公開のようですが特別公開の時はぜひ行ってみたいです。

赤煉瓦がノスタルジックでタイムスリップしたみたい。





京都の細見美術館「没後200年 中村芳中」へ。

IMG_4938

中村芳中は江戸時代後期に大坂を中心に活躍した琳派の絵師。
尾形光琳に学んで琳派風の絵を描き、俳画までも。
表現の幅の広さもとても魅力的だしおもしろい。

IMG_5078

たらし込みの技法をつかった草花図もいいけど、ほのぼのする優しい芳中犬がかわいくて、これ観るだけでも行く価値ありだな。

IMG_5077

他の動物もなぜかゆるくてかわいい。
どうしてこんなにやさしく描けるんだろ。
どんな人だったんだろう?
タイムマシンがあったら会ってみたいって思ってしまう。




先日、京都国立博物館「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」へ行ってきました。


IMG_4346


過去最大の31点が一堂に会した今回は、とても話題になっていたせいかたくさんの人で賑わっていました。


IMG_4340


鎌倉時代13世紀ごろに描かれた800年前の歌仙絵は、絵巻のままで残っていたら間違いなく国宝だっただろうと言われる貴重なもので、歌仙絵がバラバラにされた切断事件から100年。
そのうちの31点ですから過去最大規模の終結です。
まさに奇跡の再会!!


長い流転の先に歌人の肖像と和歌が1枚に描かれた絵巻の傑作は売りに出されることになりましたが、高額になりすぎたため買い手がつかず、1919年(大正8年)当時の財界人や茶人らは一歌仙ずつを切断し、共同購入することに決めました。
誰がどれを購入するかはくじで決められました。
でも切断したことで海外への流出が免れたことは本当によかった。
そんな切断事件の成り行きを後のインタビユーなどから当時の様子を丁寧に解説していたのも興味深い展示でした。


美しい和歌は本当にため息がでます。
制限のある字数五七五七七の中に数々の和歌の技を駆使して心情をうたうなんて、本当におもしろい!
学生の頃はあんなに苦手だったのに(笑)
そして隣に添えられた詠人の肖像画は繊細なタッチで、人物の目線に込められた不安定な心情や吹いている風も感じられます。
十二単をまとう小大君(こおおきみ)は美しかった。


巻物だった歌仙絵は分割された後にそれぞれが掛け軸に。
またその表具の艶やかなこと!
切断したことで裂(きれ)とのバランスや和歌の内容と関連づけた柄など、美意識の高い一つの芸術になったのですね。
趣向を凝らした掛け軸の美しさも見どころの一つでした。


古の名品は多くの人の努力がなければ、売却や戦争の流転の先にこうして観ることはなかったのだと思うと、歌仙絵だけでなく建築や美術品全てにおいて、古くから守られて現在観ることができるものこと全てに感謝ですね。
素晴らしい歌仙絵とともに長い流転のドラマを堪能しました。



IMG_4345




 

龍谷ミュージアム「日本の素朴絵」展へ。



IMG_3787



ゆるい絵って集めると圧巻ですね。

これだけの数を集めると本当に素晴らしい。



IMG_3785



思わずクスッと笑ってしまうユルさ。

狙って描いたもの、真面目に描いたけどユルいもの。

どっちも笑えます。



IMG_3786



キャプションが「丹念な筆致が印象深いが、建物の平行関係が描けない素朴絵特有の描写」って言うのをみて笑ってしましました。

ときどき図録を開いては笑ってます。

これはまだまだ探求の余地がありそう。



IMG_3790



またぜひ企画してほしい美術展でした。

先日、「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」に行ってきました。
会期はまたもや終了しているけど覚書として。


IMG_2251



ショーン・タンはイラストレーター・絵本作家として活躍しながらアニメーションを手がけるなど、表現の場をますます広げているアーティスト。

 移民をテーマに5年の歳月をかけて描いた「アライバル」の原画がたくさん並んでいて、細密な絵を堪能しました。
「アライバル」の立案から絵コンテ、原画と試行錯誤しながら完成へと進んでいく制作過程もわかる絵本好きには楽しすぎる美術展でした。

一コマ一コマを一度絵コンテ通りに写真を撮って、その通りに精密に描くことでリアリティーが増しているコマ割りの表現はアメコミの手法を取り入れているそうですよ。

リアリティーがあるからこそ、どこでもないどこか。
どこでもあるどこかかもしれませんね。

登場する得体の知れない生き物は、可愛いではない優しさと温かさを感じられるのが魅力的。
そして孤独さえも感じる。

発想の面白さやメッセージ性のあるストーリーも、大人が観て充分に楽しめるショーン・タンの絵本の世界を楽しみました。



IMG_2252



「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」
2019年9月21日(土)〜10月14日(月)
美術館「えき」KYOTO 

↑このページのトップヘ